蝶ヶ岳・常念岳 夏の山旅-2(蝶ヶ岳から常念岳へ)


ガスが上がり始めた常念岳
標高2857mの常念岳は大天井岳から徳本峠へ至る常念山脈の主峰である。

深田久弥の「日本百名山」の一つであり、安曇野から眺める雄大な北アルプスの山並みの中でも、その美しいピラミダルの山容はひときわ目を引きます。

山肌に現れる「常念坊」の雪形は、昔から安曇野の人々に春の訪れを告げる目安として親しまれて来ました。

森林限界を超えた山頂からは槍、穂高連峰の勇壮な一大パノラマを見る事が出来ます。

また標高2664mの蝶ヶ岳(蝶ヶ岳三角点)は常念山脈に属し、ハイマツと砂礫の山頂部からは槍、穂高の眺望が優れ、均整のとれた姿には定評があります。また稜線直下には北アルプスでも有数のお花畑が広がっています。

三角点は蝶槍のピークにあり、最高点は南端の長塀ノ頭(2677m)にあります。

蝶ヶ岳の名前の由来は、残雪期の稜線直下に現われる雪形が安曇野から眺めると白い蝶に見える事から名付けられたと言われております。

昨日三股から上がり蝶ヶ岳ヒュッテで宿泊し、今日2日目の行程は蝶ヶ岳ヒュッテをスタートをして尾根を縦走して常念岳を登り、三股に戻るコースを行きました。あいにくこの日はガスが多く穂高連峰や槍ヶ岳はガスに隠れて良く見えませんでしたが、常念岳は時々ガスがすっきり取れて、その勇姿を撮影する事が出来ました。1日目の三股から蝶ヶ岳のページに引き続き2日目の蝶ヶ岳から常念岳までのページも楽しんで下さい。


・コースと所要時間
今回は花の旅という事で三股から蝶ヶ岳に入り、常念岳まで縦走をして三股に下るという1泊2日コースで取材に入りました。
1日目
三股-(2時間)-まめうち平-(40分)-蝶沢-(35分)-旧ベンチ-(45分)-最終ベンチ-(40分)-蝶ヶ岳ヒュッテ(泊) 1日目合計所要タイム4時間40分(休憩時間含まず)
2日目
蝶ヶ岳ヒュッテ-(35分)-蝶ヶ岳三角点-(2時間10分)-最低のコル-(1時間15分)-常念岳-(50分)-前常念-(2時間40分)-三股 2日目合計所要タイム7時間30分(休憩時間含まず)
余裕を持つなら常念小屋で宿泊するとゆっくりした山旅になります。またこの逆のコースも人気があります。



早朝の蝶ヶ岳より望む槍ヶ岳
早朝、穂高連峰の豪快な風景を楽しみに外に出てみましたが、あいにくガスがかかっていて、穂高連峰は姿を現わしませんでした。しかし瞬間的に槍のトップが姿を現わし、感動と共に撮った映像です。

前日宿泊した蝶ヶ岳ヒュッテ。
あいにくガスに巻かれていましたが、朝6時に蝶ヶ岳ヒュッテをスタートしました。

出発の朝の蝶ヶ岳ヒュッテ


常念岳方面に向かって旅立つ登山者
朝の旅立ち。
蝶槍を越えて、最低のコルをクリヤーして常念岳の登りに挑戦です。

蝶ヶ岳附近よりの常念山脈の景色。遠くに蝶槍も見えています。

ガスが掛かり始めている蝶槍


蝶ヶ岳の三角点のある蝶槍のトップを間近に
ガスに巻かれた蝶槍のトップ。天候が良ければ常念側からの蝶槍の姿も素晴らしいです。

蝶槍を超えると森林地帯に入る。最低のコルに向かって。

途中で一瞬青空が広がり、気持ちがはなやいだ気分になりました。青空はうれしいです。


途中のニッコウキスゲのお花畑をいく人達


イワギキョウ

グンナイフウロ


最低のコルの少し手前で撮った常念岳の勇姿(奇跡的なガスのとれた一瞬の撮影)

いよいよこれから常念岳への本格的な登りが始まります。石のマークを確認しながらゆっくり登って下さい。

常念への登りの中盤を行く人達。


常念への登りの途中で写した上部をガスに巻かれた穂高連峰


山頂の祠

山頂に着いた人達

また一瞬の青空が広がった山頂。山頂に到着してほっと一息入れている登山者たち。
穂高連峰や槍ヶ岳がガスに巻かれて見えないのが残念。

山頂を下山し常念小屋と三股への分岐点。
取材チームは前常念から三股への下山ルートをたどる

前常念からまだ先まで岩場の下山が続く。ここも慎重に下山していって下さい。

下山途中での景色。

岩場を慎重に一歩一歩下る登山者。


山行メモ
2日目は6時出発で常念に向かいました。この日もあいにくガスに巻かれ穂高連峰や槍ヶ岳の姿を見る事は出来ませんでした。ガスの中、蝶槍をめざして進みました。蝶槍もガスに巻かれうっすら稜線が見える程です。ちょっとくやしい気分でした。蝶槍をすぎると下りに入り、カラマツやシラビソの樹林帯に入ります。樹林帯を抜けた所にちょっと広いスペースがありここで最初の休憩をしました。ここから少しの登りになり、その途中にニッコウキスゲの大群落にお目にかかる事が出来ました。夢中でシャッターを切り、ちょっと興奮した一場面でした。最低のコルへ下る途中に常念岳の全景が見える所があり、その地点にさしかかった時、ふと見上げたら常念がガスの中にうっすら見えて来て、ここを撮らなければ今回の収穫は何も無いと思い、しばしそこに立ち止まり、ガスが晴れるのを待っていました。20分ほどしましたら少しずつ稜線を見え始め、トップの上あたりに青空も見え始め、期体感で胸がドキドキしてきました。その後もしんぼう強く待っていたら常念の全容が姿を現わし始め、素晴らしい決定的瞬間の常念の映像を撮る事が出来ました。神様は条件が悪かった山行に、ひとつのご褒美をくれたと感謝しました。それからは常念へのきつい登りも難無くクリヤをして山頂に立てました。山頂からは常念小屋への分岐から三股方面への道をたどり、前常念を経由して三股に下りました。
記・写真 山田 輝


アクセス
[電車]JR大糸線駅豊科駅より三股までタクシー20分
[車]長野自動車道豊科IC下車三股まで25分
お問い合せ
・穂高町商工観光課 0263-82-3131 ・松本市アルプス観光協会TEL.0263-94-2221




シャクナゲ

・常念岳、蝶ヶ岳臨時情報
(2008/6/10情報)
2008年夏山シーズンにおいては一昨年の豪雨の影響で被害を受けた河川の工事はほぼ完了しておりますが、三股登山口においては林道烏川線は6月9日から林道工事のため三股駐車場下流600mの地点で車両交通止めとなります。登山等で車を駐車する場合は通行止め看板設置地点の臨時駐車場を利用。(20〜30台駐車可能)7月1日ごろには工事完了予定。
その他一の沢登山口、中房温泉登山口までの林道は通行可能です。

(2007/7/24情報
昨年7月に豪雨災害で通行止めとなっている一ノ沢登山口と三股登山口への工事はこの春から復旧工事を開始し、6月末までに一ノ沢線は登山口手前1.5km、三股登山口への烏川線は登山口手前2kmまでタクシーに限って通行出来るように工事が進んでいる。一般車両に関しましては林道終点まで復旧が進み、登山口近くに駐車場が確保出来てから通行止めの解除となる意向。それまでは一ノ沢登山口は県営烏川渓谷緑地「森林エリア」に駐車。三股登山口へは「ほりでーゆ四季の郷」駐車場に駐車、そこから仮設登山道を歩いて入山。
詳しい情報につきましては安曇野市の方へお問い合わせ下さい TEL0263-71-2000

(2006/7/27情報)
今回の豪雨の影響で、常念岳と蝶ヶ岳の登山道に通じる安曇野市の2本の林道がそれぞれ崩れて、全線で通行止めとなっています。管理している安曇野市では年内の復旧はむずかしいとのこと。徒歩で通行出来るように、応急工事が可能かどうか検討を始めている。
通行止めになっているのは、常念岳のまでの林道一ノ沢線約5kmと、常念岳と蝶ヶ岳の登山口に当たる、三股までの林道烏川線と市道約5km。一ノ沢線は幅5mほどの林道が長さ20mに渡って崩れた。三股までの林道烏川線は脇を流れる烏川に長さ500mに渡り、道路が削られている。詳しい情報につきましては安曇野市の方へお問い合わせ下さいTEL0263-71-2000
9/15日現在では一部仮設道路を作り、歩行通行はできるようになっておりますが車は入れません。車は三股登山口へは9km手前の「ほりでーゆ」に駐車できます。一ノ沢登山口は5km手前の緑地に駐車可能です。あとはそこから徒歩となります。

信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。

・季節の輝きを求めて
信州の季節が織りなす瞬間の美しさを画像にて一同に紹介し、楽しんでいただいております。


ツガザクラ


キヌガサソウ


コイワカガミ


シナノキンバイ


コケモモ


ハクサンフウロ


にぎわう夏の上高地河童橋付近
旅行中は免疫力も高まり、肌の老化や生活習慣病の予防の効果も期待出来る


・周辺情報
上高地1 夏の大正池から河童橋(00/8/30)
上高地2 新緑の河童橋から明神池(01/6/13)
上高地3 紅葉の大正池から河童橋(03/10/16)
上高地4 紅葉の河童橋から明神池(03/10/16)
上高地5 上高地から横尾へ(05/8/1)
上高地の山野草


他社にはない魅力的なプランと豊富な在庫で、厳選4,500軒の旅館とホテルを検索・予約できます。
ホテル、旅館、ペンションの予約からツアー予約や航空券・レンタカー予約、観光情報も満載。
日本国内の旅館・ホテルなどがオンラインで予約可能。特に、観光・レジャー目的のユーザーに支持されています。
温泉へゆこう!1万円で満足度の高い温泉宿満載。