カタクリ群生地 妙高 斐太歴史の里 


鮫ヶ尾城跡地附近のカタクリの群生

妙高「斐太歴史の里」は古代の住居跡や上杉景虎が「御館の乱」において劣勢となり、この地の上部にあった「鮫ヶ尾城」に逃げ込み、戦いに破れ自害した場所としても歴史的にも重要な地でありました。

近年はカククリの群生地として知られ、季節にはウォーキングを楽しみながら、またカメラに収めたりと人気となっております。
妙高市の「森林セラピーロード」としても注目をされております。


斐太歴史の里 季節の情報
(2017年4月8日情報)
斐太歴史の里は雪も消えカタクリの花が満開を迎えております。観音平は足の踏み場もないほどの多くのカタクリの花が風になびいております。

鮫ヶ尾城へのカタクリも今が最盛期とピンクの色合いも鮮やかに咲き誇っております。
鮫ヶ尾城セラピーロードは山頂から高速道路の下を通る道は工事のため通行止めとなっております。


 

 
斐太歴史の里案内図

 
観音平古墳群のカタクリの群生

 斐太遺跡

 
斐太遺跡内の管理棟
 
古代の住居 復元棟

 

 斐太遺跡(ひだいせき)は西暦3世紀前後(今から1800年前頃)の弥生時代の終わり頃に栄えた東日本最大級の高地性の環壕集落跡です。

面積は10万㎡を越え、大きく3つの居住区に分けられます。この遺跡は、通常地中に完全に埋没している竪穴建物跡や環壕跡が浅い窪みのまま確認する事が出来る全国的に珍しい遺跡です。

現在、少なくとも130カ所の竪穴建物跡が確認出来、集落の周りに巡らされた防御用の空壕は総延長が900mにも及びます。こうした規模や内容から、斐太遺跡は卑弥呼が登場する「倭国大乱」の時代を経験した、守りのムラ(拠点集落)であったと考えられます。

鮫ヶ尾城 上杉景虎と御館の覧 

 

 天正6年(1578年)3月、春日山城内で上杉謙信が後継者を明確にしないままに急逝したため、2人の養子の「景虎」と「景勝」が家督をめぐって越後の勢力を2分して争いました。この乱を「御館の乱」と呼ばれました。

劣勢となった景虎はわずかな手勢で「鮫ヶ尾城」へ逃げ込み、立て籠りましたが景勝方の総攻撃で耐える事が出来ず天正7年(1579年)3月24日に自害致しました。

現在は城のあったところに四阿屋が建てられ、当時の様子が偲ばれます。高台のため妙高市や上越市の景色、また日本海も望める眺望を誇っております。

 
鮫ヶ尾場復元図

 
鮫ヶ尾城跡地附近より撮影したカタクリと妙高連山

 
鮫ヶ尾城跡の道標
 
鮫ヶ尾城跡の四阿屋

 
鮫ヶ尾城跡地よりの風景

 
鮫ヶ尾城跡地よりカタクリと日本海

 大群生のカタクリ

 
珍しい白色のカタクリ

 
斐太神社
 
イチゲの花

 
妙高市 斐太遺跡の里 森林セラピーロード

 斐太歴史の里 新潟県妙高市神宮寺

アクセス
[車]上信越自動車道「新井スマートIC」より車で10分
お問い合せ
妙高市観光協会 949-2106 妙高市大字田口291-1 TEL 0255-86-3911


信州の登山、トレッキング情報を中心に季節の花情報、行楽情報等の最新の情報を発信しております。

-いつまでも残したい信州の自然風景-
信州の旅.com」の読者が選んだ、信州の美しい自然風景やダイナミックな大自然が造り出した絶景の造形美をご紹介しております。

・季節の輝きを求めて
信州の季節が織りなす瞬間の美しさを画像にて一同に紹介し、楽しんでいただいております。


・周辺情報