信州の紅葉情報


最高潮の涸沢カールのナナカマドとダケカンバの紅葉風景 2008/10/9撮影 


紅葉のしくみ 美しい紅葉の条件とは 日本の紅葉前線について
一般的には紅葉は、落葉樹が、気温の低下や霜などにより、越冬のための準備に入り、そのために根からの水分の吸収を絶つ事によりに始まります。

そのために葉に養分が行かなくなり、葉緑素の中にある緑色の色素クロロフィルが壊れ始め、葉から緑色が消えていきます。

この現象を離層(りそう)と呼びます。

根から養分が行かなくなる事により、今まで目立たなかったカロチノイドという黄色い色素が浮き出して見えるようになります。

これが黄色系の紅葉の形成の原理となります。

また一方、離層(りそう)する時に、葉の中に光合成で蓄えられた糖分が残り、アントシアニンという赤い色素が細胞内に広がると、赤色などの紅葉になります。

紅葉する木でもアントシアニンの足りない葉は、橙、黄、茶というように様々な色が形成されます。

美しい紅葉になるには、温度,光,湿度の三つの条件が必要となります。

1、温度は最低気温が10度以下になること。
2、昼夜の温度差が大きいほど良いとされます。
3、空気が澄んでいて、光が良く差し込み、葉が太陽の光を充分に受けられる事。

4、適度な降雨があり必要湿度が得られる事。

これらの環境条件が揃いますと美しく紅葉になります。

特に信州の山岳や高原での紅葉が美しいのは、これらの条件が満たされるからです。

しかし、最近は温暖化に寄る異常気象で、毎年変わる気象状況に紅葉も翻弄される事が予想され、

美しい信州の紅葉がいつまでも続くよう自然環境について学ぶことも必要でしょう

日本の紅葉前線は北海道の大雪山系の山々から始まります。

9月始めには色付き始め、次第に本州へも寒さの南下とともに紅葉前線が下って来ます。

本州においては3000m級の山々がいち早く9月の下旬頃から紅葉が始まり、次第に里へと駆け足で紅葉前線が舞い降りて来ます。


本州においては高山から始まった紅葉前線は10月中旬には高山は雪の世界となり、燃え尽きた紅葉は終わりを告げ、


里へと紅葉前線は伸び、11月下旬または12月上旬まで紅葉が見られる地域があります。

四季のはっきりした日本では、このように秋には紅葉が見られ、季節感を五感を通じて体感出来る事が出来ます。


涸沢カールの情報


ブナの紅葉 

2016年の信州紅葉情報

[2016年11月03日情報]
信州の山岳地帯の高山では11月2日の朝、初雪を観測された山々が多くありました。紅葉は次第に里へ移り始めております。
白馬村はバックに北アルプスが控え、まだ一部紅葉の残る色合いと雪をまとった北アルプスとのコントラストが美しい光景を魅せておりました。


紅葉の残る白馬の里と白い頂きを見せる北アルプス


[2016年10月29日情報]
信州は雨模様となり、冷たい雨が降り、風もあり晩秋の様相となっております。9月の終わり頃から山岳から始まった紅葉も10月半ば頃から高原に移り、その高原も今日の冷たい雨と風でそろそろ終わりの頃を迎え始めております。

これからは里が色付く季節となって来ます。寺の紅葉(もみじ)や並木道など風情ある光景の紅葉の頃となって来ます。


色付き始めた北信州飯山 称念寺の紅葉


[2016年10月22日情報]
標高1000m附近の北信州のなべくら高原は紅葉のピークを迎えております。ブナやカエデ、ナラ系の木々が色付きに濃さを増し、ス素晴らしいコントラストを見せております。
木々が冬の眠りに入る前の一瞬の輝きが感じられます。

紅葉のピークを迎えたなべくら高原茶屋池 2016年10月22日撮影

[2016年10月19日情報]
紅葉前線は標高1000mから1500m附近の紅葉が見頃を迎え始めました。戸隠高原、黒姫高原、斑尾高原、松川渓谷、蓼科高原など信州の高原が雰囲気が良くなって来ております。10月の終わり頃まで持ちそうです。

北信濃なべくら高原の紅葉


[2016年10月10日情報]
奥信濃の栄村・秋山郷は紅葉の季節を迎えております。今年は多少色付が遅めに推移しております。秘境として知られ、冬は豪雪に見舞われ、孤立する事もあります。

中心を走る中津川渓谷は紅葉の最盛期には美しい渓谷美を見せます。今年は10月の半ば過ぎ頃からいい雰囲気となる様子です。


これから美しい渓谷美を見せる 奥信濃栄村秋山郷


[2016年10月04日情報]
紅葉は標高の高い山岳紅葉はそろそろ終わり頃となって来ております。これからは標高1500mから2000m以下の高原がこれからいい見頃時期を迎えます。

涸沢カールや千畳敷カールは終わり頃となり、上高地や白駒池、志賀高原などの高原がこれから雰囲気が増して来るでしょう。


これから見頃となる上高地徳沢園の紅葉

[2016年9月29日情報]
栂池自然園が紅葉の見頃を迎えております。水芭蕉湿原からワタスゲ湿原、浮き島湿原よりの草紅葉から周辺やの山々の色付きが鮮やかさを増して来ております。
9月24日より10月2日まで「紅葉まつり」も行われており、いろいろなイベントも催される。

色合いを増して来た栂池自然園


[2016年9月28日情報]
志賀高原の一沼の紅葉が始まりました。まだ全体的には色付きは弱いですが、山うるしは真っ赤に色付き、その色合いを池に写し、
雰囲気のある光景を見せております。
全体的な紅葉の見頃はもうしばらく掛かりそうな気配です。


山うるしが色付き始める志賀高原一沼

[2016年9月26日情報]
白馬八方尾根の八方池周辺から上部がいい色合いとなって来ております。
ピークはもう少し先になりますが、充分見れる色合いとなって来ております。登山道が木道や岩場となっておりますので、お出かけの際は足元のしっかりしたトレッキングシューズや登山靴が良いでしょう。


いい色合いを見せ始めて白馬八方池


[2016年9月23日情報]
信州駒ヶ根の中央アルプス宝剣岳直下の標高2600m附近の千畳敷カールが色付き始め、見頃になりかけて来ております。

伊那前岳や極楽坂、千畳敷ホテル周辺がいい色合いとなって来ております。このところの気温の低下で、色付き具合が加速されて来ております。青空に恵まれれば、いい紅葉が見られるでしょう。


紅葉が始まった千畳敷カール

[2016年9月20日情報]
2016年秋の紅葉情報を本日より情報発信を始めました。今年の紅葉状況は今のところでははっきり解りませんが、すでに標高2600mの千畳敷カールでは草紅葉が始まって来ております。

今年の夏は暑い日も多く、草木は良く成長致しました。9月に入り雨も多く降り、紅葉の条件は整って来ております。

あとは今後の気温の低下が決め手となります。気温が10度以下に下がっていますと木々が水分を吸収しなくなり、葉が色付き始めます。
標高2400mから2600m附近は朝晩は4度から12度位まで下がるようになり、高山から色変わりが顕著になって来るでしょう。


草紅葉が始まった千畳敷カール




山岳紅葉の千畳敷カール

高原紅葉の志賀高原一沼の紅葉

里山紅葉の秋山郷の紅葉風景

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉

信州の人気の紅葉スポット
2016年11月04日現在

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
千畳敷カール

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
涸沢カール

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
上高地

乗鞍高原
青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント

畳平
青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント

立山・黒部
青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
栂池自然園

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
白馬八方池

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
志賀高原

白根山
青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
松川渓谷

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
鬼無里奥裾花

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
秋山郷

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
戸隠高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
黒姫高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
斑尾高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
飯綱高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
湯ノ丸、高峰高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
白駒池

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
蓼科高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
美ケ原高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
霧ヶ峰、車山

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
開田高原

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
柿其渓谷

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
阿寺渓谷

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
木曽谷

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント
伊那谷

天竜峡
青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント

青葉
色付始め
見頃
枯葉
落葉
コメント