北陸新幹線に乗って信越自然郷を楽しもう
山岳リゾート 信越自然郷の旅 -日本のシャングリラ(理想郷)-


唱歌おぼろ月夜の舞台となった 飯山市・菜の花の丘公園よりの風景

東京〜飯山〜金沢間を走る 北陸新幹線E7系の新型車両
2015年3月14日に北陸新幹線が金沢まで開通し2年がたちました。
多くの方たちにご利用頂いております。

北信地域には「飯山駅」が開設され、自然豊かな信越自然郷の旅を楽しむ事が出来ます。
飯山駅をとりまく周辺の9市町村の信越自然郷(飯山市、中野市、妙高市、山ノ内町、信濃町、飯綱町、木島平村、野沢温泉村、栄村)は垣根を取り除き、この豊かな自然を持つエリアを一つにし、国内的にも国際的にも誇れる「観光の聖地」を目指して一致団結致しました。

このエリアは里と山々が一体となり、豪雪により育まれた豊かな自然生態系が維持されており、千年の悠久の時を刻み、つちかわれた生活の知恵と伝統文化を活かし、訪れる人達にやすらぎと感動を憶えて頂けるよう、地域一体となり高めてゆくよう意識を高めております。

9市町村には寒暖差が生んだ豊穣な風土があり、そこから生まれる数々の恵みは、人々に喜びと健康を与えてくれる。そこから「日本のシャングリラ(理想郷)」を目指しております。

さあ、お出かけ下さい自然豊かな信越自然郷へ

シャングリラ(理想郷)とは
この名前は
1933年にイギリスの小説家、ジェームス・ヒルトンと言う人が、小説「失われた地平線」に登場する理想郷(ユートピア)の名称で、チベットの未知の地域、またはヒマラヤ奥地の3000mの山々に囲まれた、ミステリアスな永遠の楽園をイメージして名付けたと言われております。

「シャングリラ」はチベット語で「シャン」はツァンという村の名前で「グリ」は峠、「ラ」は山を指すと言われ、「ツァン地域の山の峠」という意味のなると言われます。

信越自然郷のこの地域も周囲を2000m級の山々に囲まれ、中心を流れる千曲川沿岸には縄文・弥生時代より人々が生活をし、川の恵み、川の氾濫により肥えた周辺の土地からの恵み、山からの恵みなど自然界からの享受により、豊かな生活が営まれて来ました。「千年風土の豊穣の地」とはこの歴史の中から生まれた言葉であります。

「理想郷(シャングリラ)」とは長い歴史の中ではぐくまれ、自然と人の手により作られ、守られ、そして永遠にこの自然からの豊かな恵みを維持して行く事を意味していると理解されます。

信越自然郷の9市町村はその環境と人により守られ、そして維持され、将来においてもこの豊かさを、次世代の人達に受け継いでもらえるよう、努力致しております。多くの人達にこの地を訪れて頂き、この豊かな自然を感じて頂き、心のふるさと又は第2のふるさとにして頂ければ幸いと想っております。


信越自然郷アクセスマップ 拡大

信越自然郷エリアマップ 拡大

信越自然郷・市町村ページへ
飯山市

中野市

山ノ内町

野沢温泉村

信濃町

飯綱町

木島平村

栄村

妙高市(新潟県)
信越自然郷季節の情報

高山植物の宝庫・火打山直下天狗の庭
信越自然郷は上信越国立公園の山々と妙高戸隠連山国立公園に挟まれ、標高2000mの山々が周りを取り巻く環境にあります。

志賀高原の山々から苗場山、鳥甲山。妙高戸隠の火打山、妙高山、戸隠山、飯縄山、黒姫山、斑尾山、また信越トレイルなどこれから春・夏山シーズンを迎えます。

北陸新幹線が開業した事から首都圏からのアクセスも良くなり容易に信越自然郷の山々を楽しむ事が出来ます。

生物多様性のこの地域は動植物が豊富で、春の山野草、夏の高山植物には特に人気度が高い。

信越自然郷・登山と里山ウォーキング
妙高山・頸城三山の名峰
火打山・ハクサンコザクラと高山植物
黒姫山・信濃富士の名峰
斑尾山・唱歌「ふるさと」の山
飯綱山・北信濃の名峰
苗場山・山頂湿原と高山植物
志賀山と四十八池・湿原と池めぐり
寺小屋山と岩菅山・志賀高原の最高峰
カヤの平高原・原生ブナの森
鍋倉山・ブナの森が広がる里山
関田峠・茶屋池森林ウォーキング
信越トレイル
ロングトレイル
小菅山・小菅古道と修険の里
小菅の里・古代のセラピーロード
高社山・北信州の修験の山
飯山市菜の花の丘公園散策
飯山市七福神めぐり
霊山、戸隠山登山
信越エリアの山々の自然、風景、花などを楽しみながら山の知識を高め、健康と人とのつながりを深めております。
地域の人達や他の地域の人達もこの信越自然郷に親しみのある方は入会を歓迎いたします。


キヌガサソウ

信越自然郷・花だより情報
ホットニュース
 
北陸新幹線が2015年3月14日に金沢まで延伸いたしました。
信越自然郷の飯山駅も準備万端で皆様のお迎えをしております。
信越自然郷・紅葉情報


温泉

そば

自然

・野沢温泉スキー場
・木島平スキー場
・斑尾高原スキー場

・戸狩温泉スキー場

・タングラム斑尾スキーサーカス

・黒姫高原スノーパーク

・さかえ倶楽部スキー場
・妙高杉ノ原スキー場

・池の平温泉スキー場
・赤倉観光リゾートスキー場
・赤倉温泉スキー場
・北志賀竜王スキーパーク

・北志賀高原小丸山スキー場

・北志賀高井富士スキー場
・熊の湯スキー場
・横手山スキー場
・サンバレースキー場
・丸池スキー場
・蓮池スキー場
・発哺ブナ平スキー場
・西館山スキー場
・ジャイアントスキー場

・一の瀬ファミリースキー場
・一の瀬ダイヤモンドスキー場
・一の瀬山の神スキー場
・タンネの森オコジョスキー場
・高天ヶ原マンモススキー場
・東館山スキー場
・寺子屋スキー場
・焼額山スキー場

・奥志賀高原スキー場
・渋峠スキー場

温泉地
信越自然郷のそば
名産品、郷土食
人気の観光スポット
渋・湯田中温泉郷
(渋温泉・上林温泉・湯田中温泉・新湯田中温泉・安代温泉・星川温泉・穂波温泉・角間温泉・地獄谷温泉)
野沢温泉

志賀高原の温泉
(発哺温泉・熊の湯ほたる温泉・木戸池温泉・志賀山温泉・幕岩温泉・丸池温泉・高天ヶ原温泉)
・北志賀温泉
・よませ温泉

秋山郷温泉郷
(切明温泉・上野原温泉・屋敷温泉・和山温泉・小赤沢温泉)

戸狩温泉

・竜王温泉
・飯山湯滝温泉
斑尾温泉
・黒姫温泉
・タングラム斑尾温泉
・信越自然郷そばの名産地と名店

信越自然郷にはそばの産地が多く、古くから個々の家庭でも食され、特にお客へのおもてなしとして、そばが振る舞われておりました。

特に人気のそばは幻のそばと言われている飯山市富倉の「富倉そば」

そして、信濃町の霧下そばや凍りそば、

山ノ内の須賀川そばの「はやそば」、

中野市豊田の「涌井そば」など多くの名そばが提供されております。

信越自然郷においでの際は、この名そばを食べなくしては、旅の楽しみも半減いたします。是非ご賞味して下さい。
・食の名品、名店

信越自然郷は冬には雪に埋もれ、身動き出来ない状況になりますが、その事により、雪解けと共に山菜や多くの農産物が収穫され、その味、香りは雪国ならではの新鮮な食材になり、豊かな郷土食も生まれております。

飯山地方の郷土食のページへ

北信濃地方の主な名産品(そば以外)

・野沢菜漬け
・飯山坂井の「坂井いも」(里芋、長野県の伝統野菜に認定)
・飯山市のグリーンアスパラ
・野沢温泉の温泉饅頭
・飯綱町の本格そば焼酎など
信越自然郷は自然の宝庫であり、見どころもいっぱい。

ばらと中山晋平のふるさと中野市
志賀高原とスノーモンキーの渋・湯  田中温泉郷
木島平村カヤノ平 巨木ぶなの森
野沢温泉村・温泉とスキーと野沢菜
戸狩温泉・なべくら高原とそばの里
飯山市・幻のそば「富倉そば」
小菅の里・古代のセラピーロード
飯山市・阿弥陀堂だよりの里
信濃平・かまくらとカタクリの里
トレッキング天国斑尾高原
斑尾高原水芭蕉群生地沼の原湿原
・森林セラピーの信越自然郷
飯綱町桃の里.丹霞郷
飯綱町牟礼水芭蕉園
飯綱町牟礼のニリンソウ園
コスモスの高原、黒姫高原
志賀高原の秋紅葉
志賀高原東館山高山植物園


信越自然郷のそばの花が満開の風景 信越自然郷田舎ぐらしの情報ページへ

2015年3月14日に北陸新幹線が金沢まで延伸し、いよいよ新幹線時代を迎えます。北信越地域には長野市の長野駅と飯山市の飯山駅に停車がされます。
東京からは約1時間40分ほどで、この信州の北端の雪国に来てしまいます。

金沢からは50分ほどでこの地に着いてしまい、魅力溢れる北信越地域が首都圏や北陸エリアから短時間でアプローチ出来る事になり、多くの人達がこの北信越地域を訪れる機会に恵まれるでしょう。
信州の旅.comではより一層魅力溢れる観光情報を発信してゆく所存です。

ウォーキングと温泉と食で健康デトックス(若返り)の旅プラン
日々のストレス社会の生活の中で体内にたまった老廃物をすっきり除去して、若々しい新鮮な身体に取り戻し、元気はつらつとした社会生活を送るための旅のプランです。
ウォーキングと温泉と食で貴方をリフレッシュいたします。
元気な内蔵を取り戻すと共にダイエット効果や美肌効果など多くのメリットが取り戻せます。

信越自然郷各エリア問合せ先
野沢温泉村
商工観光課
0269-85-3114
木島平村
商工観光課
0269-82-3111
飯山市
観光課
0269-62-3111
信濃町
商工観光課 
026-255-3114
飯綱町
産業建築課
026-253-4766
中野市
経済部商工観光課
0269-22-2111
山ノ内町
観光農林課
0269-33-1107
栄村
商工観光課
0269-87-3333
妙高市
観光商工課
0255-74-0021
総括お問い合せ先

飯山市役所 経済部 広域観光推進室・商工観光課

TEL 0269-62-3111